ビル・オフィスの清掃

剥離洗浄の作業紹介

画像の説明

【『剥離洗浄』施工前】
「事務所のレイアウト変更をしたからキレイにして欲しい」とご依頼を受けました。
以前、机や棚・ロッカーが置いてあった場所とのギャップが激しいです。事務所でも店舗でも、レイアウト変更をすると大抵このようになっています。


画像の説明

【荷物の移動・養生】
清掃を行う前段階として、椅子やテーブルなどの移動と電話やパソコンなどの配線の養生を行います。
お客様の大切な備品を汚さない・壊さないことを徹底します。また、作業完了後原状復帰するために、置いてある位置などを画像に残したりもします。


画像の説明

【床面の除塵・剥離剤の塗布】
床面のゴミ・ホコリを丁寧に取り除いた後に、床材の種類・ワックスの塗布量などに応じた剥離剤をまんべんなく塗布します。床の状態に合わせた剥離剤を使用することが重要で、ワックスが溶け出すまで10分程度放置します。


画像の説明

【洗浄作業1】
ポリッシャー(床洗浄機)でまんべんなく洗浄します。汚れや床材に合わせた洗浄パッド・ブラシを使用して、床に蓄積しているワックスや頑固な汚れを除去します。壁や備品を汚したり傷つけたりしないように注意して洗浄します。


画像の説明

【洗浄作業2】
ポリッシャーがあたらないところや細かい場所は手作業で汚れを落とします。
ハンドパッドやスクレッパーで分厚いワックス層を剥がしていきます。



画像の説明

【汚水回収】
洗浄作業後に発生した汚水を専用道具で回収していきます。
丁寧さとスピードが要求される作業です。




画像の説明

【リンス洗浄】
剥離剤によって床面成分が強アルカリ性になっているので、中和剤を使用して中性にするリンス洗浄を行います。
これをしないとワックスがうまく成膜されなかったり光沢が上がらない場合があるので、当社では必ず行っております。

画像の説明

【水拭き・乾燥】
リンス汚水回収後、床面の残留洗剤成分を完全に取り除くために、モップによる水拭きを行います。(2~3回水拭き)
同時に床面に汚れが残っていないかのチェックも行います。
その後、送風機で床面をしっかり乾燥させます。

画像の説明

【ワックス塗布・乾燥】
床材やお客様の好みに合わせたワックスを2~3回塗り重ねます。
丁寧な作業が美しい床面を作り上げます。




画像の説明

【原状復帰】
作業開始時に移動した備品などを元の位置に戻します。お客様のご迷惑にならないように、しっかり元通りにします。




画像の説明

【完成】
床がぴかぴか輝いているのがよくわかります。
床材がよほど痛んでいない限り、汚れた床を蘇らせることができるのです。

*画像には1名しか写っていませんが、通常剥離洗浄は4~5名のスタッフで行っております。