FrontPage

カーペットクリーニングが100㎡で30,000円より!

画像の説明

画像の説明

画像の説明

2010年6月、 米国IICRC認定のカーペットクリーニングテクニシャン(CCT)の資格を、当社代表取締役の今井茂行が取得いたしました。また、IICRC認定企業となりました。

この資格は、プロのカーペットクリーナーとして必要なさまざまな知識やクリーニング方法を学び、その知識と技術を駆使してクリーニングすることはもちろん、適切なメンテナンスでカーペットの寿命を延ばしてランニングコストの低減による大幅な経費削減、カーペットの張り替えによるゴミの減少により地球環境保護などを目指すなど、ハイレベルなクリーナーを育成するためのものです。
これにより従来のセミドライクリーニングに加えて、新たにカーペットのスチームクリーニングや布製椅子・ソファーなどのファニチャークリーニング(本革製もOK!)もご提供できるようになりました。

今までなかなかきれいにならなかったカーペットや、一度もクリーニングしたことのないオフィスチェアなども、最新の技術や設備・ケミカルを駆使してきれいにできるよう今後とも努めてまいります。
そして、お客様のカーペットなどの汚れ具合や清掃管理状態に合わせたメンテナンスのご提案やアドバイスをさせていただきます。

*IICRCとは、プロのクリーナーとしての知識の習得と技術を訓練することを通じて、業界のレベルを向上させるためにアメリカで1972年に設立された非営利団体です。
認定のプロセスや条件を厳しく管理することにより、お客様が訓練された知識のあるプロのテクニシャンから最高品質のサービスを受けることができるのを目的にしています。また、環境保全に関する高い規格と倫理を促進し、社会に貢献することによりお客様から高い信頼を得ています。
現在、世界30カ国以上(アメリカ・カナダ・オーストラリア・イギリス・ニュージーランド・日本・ポルトガルなど)5,000以上の企業と45,000人以上のテクニシャンがIICRCから認定を受け世界で活躍しています。


画像の説明画像の説明画像の説明

セミドライクリーニング工法』のご案内

セミドライクリーニング工法とは?

洗剤の使用量を極力少なくして、カーペットの汚れを取り除く洗浄方法です。
洗剤の使用量が少ないので、

  • カーペットの乾燥が早い
  • 水濡れによるカーペットへの悪影響が少ない(長寿命化)
  • OAフロアでも安心して施工可能

など多くの長所があり、洗浄力については一般的なシャンプークリーニングと比較しても遜色なく、仕上がりについては、はるかにきれいに仕上がります。
また、洗浄汚水をほとんど出さないため、環境にもやさしい工法です。
当社は蔵王産業の『バルチャーカプセルシステム』を採用しています。

従来工法との比較

  • セミドライクリーニング
    専用洗浄機(バルチャー)によるカーペット洗浄法
    施工手順
    カーペットの集塵(アップライト型バキューム)
      ↓ 
    バルチャーを使い、洗剤をスプレー・フロアブラシで洗浄・汚れを掻き出し回収を同時に行う
      ↓
    カーペットの乾燥(自然乾燥)
      ↓
    現状復帰作業
    特徴
    • 汚れにすばやく反応する専用洗剤を散布してブラシ洗浄するので洗浄力が高い
    • 洗浄と同時に汚れを回収するので、汚水回収率が高く、汚れの再付着(ウィックバック)が起こらない
    • 洗剤分の残留がほとんどないので、洗剤による再汚染の可能性がほとんどない
    • 洗剤をごく少量しか使用しないので、乾燥時間が早い(30分~1時間)
      電気配線への影響はほとんどなし  など
  • シャンプークリーニング
    汎用洗浄機(ポリッシャー)とリンサー(吸水専用掃除機)によるカーペット洗浄法
    施工手順
    カーペットの集塵(掃除機 *注意!重要な集塵工程を省く業者も存在します!)
      ↓ 
    ポリッシャーによる洗浄作業(洗剤多量使用)
    フロアブラシと洗剤で洗う
      ↓
    リンサーで洗剤分を水で洗い流しながら、汚水を回収
      ↓
    カーペットの乾燥(自然乾燥)
      ↓
    現状復帰作業 
    特徴
    • 大量の洗剤を使用してカーペットを洗浄(シャンプー)するので洗浄力自体は高い
    • その反面、洗剤分のすすぎ不足と汚水回収率の低さから、せっかく落とした汚れが再付着してしまう(ウィックバック)
    • 洗剤分が残留してしまうので、洗剤による再汚染の可能性あり
    • 大量の洗剤とすすぎ水を使うので、乾燥時間がかかる(空調にもよるが8~10時間)
      電気配線への影響が懸念される   など

セミドライクリーニングをおすすめする理由

 このように、セミドライクリーニング工法は、一般的なシャンプークリーニング工法よりもすぐれた点が多数あり、カーペットの縮みの心配もない、近年ではエン・カプセレーションシステムとして世界中で提唱されている新しい工法です。
メーカーの話では、某大手ショッピングセンターでも採用されている工法とのことですので、その信頼性は抜群です。

洗浄力こそ当社の新サービス『スチームクリーニング工法』に軍配が上がりますが、近年ほとんどのオフィスで採用されているOAフロアのクリーニングにおいて、多くのお客様が心配される水濡れによる電気配線や電源・端末等への影響が全くないとは言い切れず、施工時間や乾燥時間がかかってしまうのもある意味デメリットといえます。

このセミドライクリーニング工法の位置付けとしてはインテリムクリーニング(中間洗浄)となりますのでハードな汚れには厳しい面もございますが、水濡れが少ない・乾燥が速い・残留洗剤がないので早期再汚染が起こりにくいなど、OAフロアのカーペットクリーニングに適した工法です。

 当社も以前はシャンプークリーニングを採用しておりましたが、お客様から「きれいにはなったんだけど、手間暇かけたほどじゃないね」や「掃除したの?あんまり違いがわからないな」などと言われることもありました。
また、濡れたカーペットの上を歩いてからタイルフロアなどに移動すると、靴底に洗剤分が付着してしまい転倒事故が発生するケースがあると聞き、お客様のためにも安全でよりきれいなクリーニング工法を導入しました。

 以前よりカーペットクリーニングを施工させていただいているお客様から、カーペットの張り替えの意向を伝えられましたが、セミドライクリーニング工法を試した後で判断してほしいと提案し、クリーニングを施工しました。
そのお客様から「ずいぶんきれいになったね!カーペットの雰囲気も明るくなったし、張り替えは当分延期するよ」とうれしいお話をいただきました。
(実際に2年以上延期されました。)
もちろん今でもクリーニング施工をさせていただいております。

 他のお客様からも、「以前よりもきれいになったね」と言われることも多くなり、この工法を導入してよかったと思っております。

当社が自信をもっておすすめする『セミドライクリーニング工法』をどうぞお試しくださいませ!



File not found: "otoiawaserogoblue3.png" at page "カーペットクリーニングとは"[添付]